とうとう押してしまった……

 自分には無縁と思っていたし、躊躇していた。「登録」の文字を押せないでいた。そしてやっと……

 未だかつて女性と付き合ったことがない俺は、いつも友人や同僚、更には女性社員にまで馬鹿にされていた。

 

○○部署のあの人、童貞らしいよ」

「えっ。マジ? あの歳で?」

「ないわー」

 

 彼女たちは、俺に聞こえない声で話しているつもりなのだろうが、残念ながら、俺の耳にはダイレクトに響いていた。

 彼女たちは加減を知らない。容赦なく俺を罵倒しているのだ。

 当の本人が聞いているとも知らずに。

 

 中学生という多感な時期にクラスメートの女の子に振られて以来、女性に告白する事がトラウマになっていた。女という生き物に臆病になっていた。社会人になれば、そのうち誰かいい人と巡り会えるだろうと期待していた。しかし、その期待も見事に裏切られ、俺はとうとう折れた。

 

 そんな時だった。同僚に「デジカフェ」 を勧められたのは。

 

 正直期待なんかしていなかった。今まで使ったことなんてなかった。それに現実にモテない俺だ。見た目は冴えないし、勉強もそこそこ。収入もたいしてない。そんな俺を気にかけてくれる人なんているのだろうか。

 女の子たちのプロフィールを見ては、可愛いなー。と思うだけ。いいねを押すだけの一方的な関係。

「彼女……か」

 いつか、俺にも。なんて妄想をしては、「ないな・・・。」と溜息を吐く。

 

『ぴこん』

 ポケットの中でスマートフォンが揺れた。

 誰だろう……

「お!?」

 

 デジカフェ からの通知。

『初めまして。プロフィールを見て、気になっちゃって。あなたさえ良かったら、お話しませんか?』

 

 昼休みに「いいね」した子だった。メッセージくれたということは……

 しかし、こんな可愛い子・・・からかわれてるか、暇つぶしだろうな。

 

一応、返事を返す。

『初めまして。メッセージありがとうございます。俺で良かったら是非お話させて頂きたく……

 固すぎるだろうか。文字を打つ手を止め、考え、打ち直す。

『初めまして。メッセージありがとう。俺で良かったら』

 送信。……少し素っ気ないだろうか。この後どう返せばいいのだろう。スクリーンを睨んだまま悶々としていると、受信トレイに赤いバッジが表示された。

 

『ありがとう。嬉しいよ!私は、貴方のこと、もっと知りたいです』

 彼女からの返信だった。

 

 それから、俺と彼女は、デジカフェ を通して話すようになった。

 好きな食べ物に、趣味、休日の過ごし方や仕事の話。嬉しかったこと、悲しかったことも。将来なんかもお互いに語り合い、時間を共有しあった。

 彼女は本当に素敵な人だった。

 

 日に日に会ってみたいという気持ちがだんだん俺の中で膨らんでいった。

 

 

「よお。どうしたんだよ。そんな顔して・・・?」

 

 昼休憩の間、ラウンジスペースでぼんやりとしていた俺に、同僚のひとりが声をかけた。俺に、デジカフェ を紹介した奴だ。

 

……お前かあ。」

スマホをポケットの中に滑り込ませる。

「ん?……なんで隠すんだよ。」

「なんでもねぇよ・・・」

 彼は口元に笑みを浮かべ、隣に腰掛けた。

「で? その後アレ使ってみた?」

「んあ?・・・うん・・・。」

「なんか進展あったみたいだな笑」

「会う約束しないのか?」

「ええ!? 無理無理無理!会ったら速攻フラれ……あっ! ちょっと!」

 

 彼は俺の手からスマホを奪い、画面をスクロールする。今、俺のスマホ画面には彼女とのトーク履歴が赤裸々になっていた。

「やべ。かわいいじゃん? デートでも誘ってみれば?」

奴は、からかっているかのような笑みを浮かべた。

 まるで「こいつには無理だろうな」っと言っているかのようだった。

「そんな軽く言うなよ。」

「お前ならできるって!」

「そう……かなあ。」

「おう。いけるいける!」

 彼は自販機で缶コーヒーを二本買うと、一本を俺に手渡し、背中をポンッと押すように叩き、「がんばれよ」と俺を励ますそぶりをした。

 

 ああ、マジでこの子と付き合ったら、あいつどんな顔するんだろうな・・・会社の女子たちも・・・

 

 会いたい。でも踏みとどまっていた。彼女に断られたら・・・と思うと怖かった。1日に何度もスクリーンを覗き込んだ。彼女とのやりとりは俺の冴えない日常に暖かな安らぎを与えた。

  デジカフェ にはデジログという日記機能があり、俺は毎日日記を投稿した。

  彼女にもっと自分を知って欲しくて、外見ではない、中身を見て欲しくて・・・

 

  いつか会える日を夢見て・・・